デラウェア州ドーバー高校との姉妹校交流について
1 姉妹校協定締結の目的

 本校は「人格の陶冶を図り,生涯にわたって学び続ける力を養い,地域社会のみならず日本や世界で活躍できる人材を育成する」ことを学校の使命として位置づけ,それを果たすために3つの大きな教育方針として「学力の向上」,「心身の健康の増進と人格の陶冶」,「人間理解の推進」を掲げています。

 「人間理解の推進」に関しては,本校の使命を踏まえ,国際理解教育をその大きな柱とし,積極的に推進を図ることとしています。国際理解教育の推進にあたり,海外に姉妹校を得ることは,生徒や教職員の日常的な交流を行うための礎となるものです。また,姉妹校の存在は,本校の国際理解教育推進のシンボル的存在となるものであり,地域レベルの国際交流の進展という観点からも大いに役立つものと期待されます。

 姉妹校のあるデラウェア州は,米国東海岸に位置し風光明媚で,独立当時の面影が残り,首都ワシントンや,フィラデルフィアにも近い距離にあり,アメリカの歴史と文化を学ぶ上で最高の研修場所と言えます。生徒たちがこれまで培ってきた英語力を実践で試し,英語を通して様々な異文化に触れ,姉妹校の生徒たちと交流を深め,第二の家族となるホストファミリーと過ごすことは,英語への関心を高めるだけでなく,異なる文化を理解するよい機会となり,国際社会の平和と発展に貢献できる人材の育成につながるものと考えます。

 このような趣旨のもとに,角田高校とドーバー高校は平成17年8月17日に姉妹校締結をしました。ドーバー高校は生徒数1,589名,教員数95名の男女共学校です。角田高校と同様に,文武両道に優れ,教員も生徒もとても明るく気さくな方ばかりです。日本語クラスも開講され,多くの生徒たちが熱心に日本語を学んでいます。

 

2 協定の内容

 議定書では,「日本国宮城県角田高等学校とアメリカ合衆国デラウェア州ドーバー高等学校は,両県州の相互理解と友好親善の推進に寄与し,今後両校の友好関係を深めるため,ここに姉妹高校の締結をすることに合意する」と「この姉妹高校の締結により,両校は国際社会の平和と発展に貢献できる青少年の育成を目指し,相互に有益な交流活動を推進し,両校と両県州の発展及び教育力の向上のために協力していくものとする」としており,生徒の相互派遣を含む具体的な交流活動を推進していくことと定めています。

 

3 交流の主な内容
  1. 原則として,生徒10名程度及び教員2名を毎年相互に派遣し,1週間程度滞在して,ホームスティ,学校訪問,表敬訪問,見学研修等を行います。
  2. 両校生徒による定期的な交流を,郵便,Eメールなどの媒体を利用して行います。

 

アメリカ短期研修について
  全体スケジュール概要

 

6月中旬 アメリカ短期研修募集説明会【保護者同伴】 *旅行業者同席
 ・研修概要説明
 ・研修費用の支払いについて
 ・ホームステイ受け入れについて
 ・研修生選考について
6月下旬 申し込み締め切り【保護者承諾書】
7月上旬 研修生選考【英語と日本語による面接】
7月下旬 研修生参加者決定(10名程度)
9月上旬 第1回オリエンテーション【保護者同伴】
 ・旅行の準備について
 ・海外旅行傷害保険の説明等
 ・パスポートの確認
 ・研修費用の支払いについて
 ・ホームステイ願書の配付説明及び業者申し込み用紙記入等
10月中旬 第2回オリエンテーション【生徒対象】
 ・研修地,研修校について
 ・班長,副班長の選出,班編制決定,係分担決定
11月上旬 第3回オリエンテーション【生徒対象】
 ・異文化オリエンテーション1
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備1
12月上旬 第4回オリエンテーション【生徒対象】
 ・異文化オリエンテーション2
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備2
≪翌年≫
1月中旬 第5回オリエンテーション【生徒対象】
 ・アメリカ文化と歴史、日常生活について
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備3
2月上旬 第6回オリエンテーション【生徒対象】
 ・現地生活全般諸注意,持ち物,その他
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備4
3月上旬 第7回オリエンテーション【保護者同伴】 *旅行業者同席
 ・最終確認:旅程、パスポート、持ち物、注意点等
3月中旬~下旬 ☆アメリカ短期研修実施(約2週間)☆
4月上旬 帰国後オリエンテーション1【生徒対象】
 ・研修を振り返って(スライド、感想発表)
 ・短期研修の成果を今後の語学学習に生かすために
 ・記録集の原稿について、礼状の書き方
 ・文化祭展示発表について
 ・アメリカ短期研修報告会(全校生徒に対して体育館にて)
7月下旬 帰国後オリエンテーション2
 ・文化祭発表準備について
 ・夏季休業中に文化祭での研修報告展示発表の準備
8月下旬~9月上旬 角高祭にて、研修報告展示発表

【英語集中講座】

「会話力が心配」という生徒のために、ALTと共に英会話の練習をする機会を設け、空港やレストランでの会話、ホームステイに役立つ表現などについて学びます。
 第1回(Self-introduction、Asking questions)
 第2回(At the airport、With host family)
 第3回(Reading Menu, Ordering food)
 第4回(Let me show you how to…)
 第5回(Farewell Party) 
など状況に合わせて開催する。

  平成30年度アメリカ短期研修 ドーバー滞在中の活動の様子

   ※令和元年度アメリカ短期研修はコロナウィルス感染症拡大の影響で中止になりました

【3月16日(土) 第3日目】

桜祭りに参加   

レホボスビーチにあるレストランで日本の文化(茶道、書道、空手、漫画など)を英語で紹介しました。

岩沼市内の中学生や仙台二華高校の生徒達も参加していました。

 

【 3月18日(月)~19日(火) 第5~6日目】

学区長、州知事、市長を表敬訪問して、鈴木校長の親書を手渡し、生徒代表が挨拶しました。

 Japan Day (日本文化紹介)  

 日本の文化を紹介するイベントでドーバー生やホストファミリー、近所の人々が来校しました。角田高校生は茶道、書道、空手、漫画を紹介し、お菓子の販売も行いました。

 

 【3月20日(水)~21日(木)第7~8日目】 

プレゼンテーション

角田高校や日本の文化、年中行事についてのプレゼンテーションを行いました。生徒達は事前練習の成果を発揮して、英語で堂々とプレゼンテーションを行うことができました。

お別れ会    

ホストファミリーの前で「よさこい踊り」や”U.S.A.”を披露し、感謝の気持ちを表しました。

  

国際交流活動
  国際理解活動講演会  (令和元年度)

 

1 日  時 : 令和元年10月31日(木) 5校時~7校時

2 場  所 : 本校体育館

3 対象生徒 : 全年次生徒454名

4 内  容 : 「ボランティア経験を通してアフリカの人々から学んだこと~あなたが本当に達成したいことは何ですか」

5 講  師 : 中澤宏一朗氏 (公益社団法人青年海外協力協会 生活支援ワーカー)

6 講演概要 : 講師の中澤氏は,青年海外協力隊としてルワンダに派遣されました。ルワンダでの活動やルワンダの人々の暮らしについて話をしてくださいました。現在は,岩沼の障害者支援施設で働きながら,ルワンダに学校を建設するための準備もしているとのことでした。また,「夢を持つこと」の大切さを語ってくれました。今後の自分の生き方を考えるよい機会になりました。

 

■ 講演会後の生徒の感想 ■

生徒の感想より ~講演会から学んだこと~

【1年次】

 ・ 海外のボランティアのイメージが具体的に湧いてきた。

 ・ 貧しい人々の手助けをしてあげたいと思った。

 ・ 言葉が通じない国で活躍している姿がとてもかっこよかった。

 ・ 異国間での異文化理解の難しさが分かった。

 ・ 何事も挑戦が大切だと分かった。

 ・ ルールとボランティアの大変さが分かった。

 ・ アフリカの現状がよくわかった。

 ・ 日本以外で起こっていることに初めて関心が持てた。

 ・ 外国での活動の難しさ,大変さを知った。

 ・ 私たちの立場にいると発展途上国の人たちのことはわからないので,講演を聞いてよかった。

 

 【2年次】

 ・ 台風被害がひどかったけど,それより大変な生活をしている人がいると改めて分かった。

 ・ 人間関係が大切だと思った。

 ・ アフリカの現状を知ることができて勉強になった。

 ・ 貧困問題について聞く機会がありとても考えさせられた

 ・ ちゃんとご飯を食べられることに感謝していこうと思った。

 ・ イメージが変わった。自分も何かできることがないか調べたい。

 ・ 明日へのビジョンを大きく見通して生活したい。

 ・ 外国の貧しい国へ行き行動する姿に感動しました。

 ・ 恥ずかしがって後悔するより,恥をかきながら夢を叶える方が良いという言葉に心を打たれた。

 ・ 夢を大きく持つことの大切さと,自分に自信を持つことの大切を学んだ。

 ・ 自分がやりたいと思ったことにチャレンジしていこうと思った。

 ・ 人生は夢の大きさに比例するという言葉が印象的だった。

 ・ アフリカの話を聞いて,貧困や内戦の暗いイメージが,明るいイメージに変わった。

 

 【3年次】

 ・アフリカに対する見方や偏見もこの講演を聞いてガラッと変わりました。

 ・ ルワンダは貧困の問題があったりテロが起きたり,自分が思っているよりものすごく衝撃的でした。

 ・ 内戦によって家族を失った子ども達を見て,応援したいと感じました。

 ・「皆が等しく平等に」という目標は,やはりまだまだ遠い道なのだなと強く感じました。

 ・ 海外に比べて日本は恵まれていることを知りました。

 ・ 自分のしたいことを見つめ直す良い機会になりました。

 ・ 自分のやってみたいことは何なのかを考えさせられました。もし,ここに中学生の頃の私がいたら,今の私を見てきっと

  がっかりすると思います。結局,周りに流されて,ただ毎日を繰り返していて恥ずかしく思いました。思い切って行動を

  起こしてみようと思います。

 ・ 高校時代に英語が苦手だったとおっしゃっていましたが,英語を多く使う活動・仕事をしていることに驚きました。

  自分の苦手分野だからといってあきらめるのではなく,自分のやりたいことをやっていくことが大切なのだと思いました。

 

  平成30年度 1年次国際理解活動特別授業

   ※令和元年度国際理解活動特別授業は台風19号の影響で中止になりました

1 日  時 : 平成30年10月11日(木)  6・7校時

2 場  所 : 本校体育館

3 対象生徒 : 1年次生徒(160名)

4 講  師 : 宮城復興支援センターより外国人留学生14名,職員1名

留学生の出身国一覧

パキスタン:3名 インドネシア:1名 ハンガリー:2名 インド:2名
ベトナム:2名 エジプト:1名 コロンビア:1名 フランス:1名 中国:1名

5 内  容 :4クラスの生徒を12グループに分かれ(1グループ 13名程度),グループごとに外国人講師が1人ずつ配置される。各グループは20分間で1つのトピックについて話し合い,それをローテーションで4回繰り返す。外国人講師は1回ごとに入れ替わる。なお,会話は英語で行うことを原則とする。

 6 トピック:ローテーション1・2回目・・Culture & Hobby(文化と趣味)について

        ローテーション3・4回目・・Future Dream & Job(将来の夢と仕事)について

7 活動から学んだこと・感想など(生徒アンケートより)

・夢をあきらめないことが大切であることを学んだ。

・英語は将来の視野を広げることを学んだ。また英語はどんな職業に就く場合でも大切であると知った。

・外国へ行ってもっと多くのことを学びたいと思った。

・日本と外国との違いを学ぶことができた。

・空手を知っている方が多く,また日本のアニメや音楽も人気だということが分かった。

・海外では食文化が豊かだと感じた。

・日本が安全・平和であると感じた。

・自分が選んだ仕事について改めて考えることができた。夢について考えるいい機会となった。

・言いたいことがうまく伝えられず大変だった。難しかったけれど,楽しかった。

・ぎこちない英語でも分かってくれて,とても嬉しかった。

・コミュニケーション能力をもっとつけたいと思った。留学できるくらいの能力を身につけたい。

・言いたいことを伝えることができて嬉しかった。自分の力で会話することができた。

・楽しく話せるようなスキルを身につけたいと思った。感情を表現できるようになりたい。

 

  角田市姉妹都市 ・ グリーンフィールド市 中高生訪問団受入れ

 

 毎年6月に,角田市の姉妹都市であるアメリカのインディアナ州・グリーンフィールド市から中高生訪問団を受け入れ,授業や活動を通して交流を行っています。
 また交流活動の時間には,グループに分かれ,「日本の漫画」「日本のおもちゃ」「折り紙」「駄菓子」「書道」「お茶」「浴衣,甚平の着付け体験」などのテーマで交流をしました。この交流会はお互いに良い刺激になっており,両方の生徒にとって良い国際理解の場になっています。