デラウェア州ドーバー高校との姉妹校交流について
1 姉妹校協定締結の目的

 本校は「人格の陶冶を図り,生涯にわたって学び続ける力を養い,地域社会のみならず日本や世界で活躍できる人材を育成する」ことを学校の使命として位置づけ,それを果たすために3つの大きな教育方針として「学力の向上」,「心身の健康の増進と人格の陶冶」,「人間理解の推進」を掲げています。

 「人間理解の推進」に関しては,本校の使命を踏まえ,国際理解教育をその大きな柱とし,積極的に推進を図ることとしています。国際理解教育の推進にあたり,海外に姉妹校を得ることは,生徒や教職員の日常的な交流を行うための礎となるものです。また,姉妹校の存在は,本校の国際理解教育推進のシンボル的存在となるものであり,地域レベルの国際交流の進展という観点からも大いに役立つものと期待されます。

 姉妹校のあるデラウェア州は,米国東海岸に位置し風光明媚で,独立当時の面影が残り,首都ワシントンや,フィラデルフィアにも近い距離にあり,アメリカの歴史と文化を学ぶ上で最高の研修場所と言えます。生徒たちがこれまで培ってきた英語力を実践で試し,英語を通して様々な異文化に触れ,姉妹校の生徒たちと交流を深め,第二の家族となるホストファミリーと過ごすことは,英語への関心を高めるだけでなく,異なる文化を理解するよい機会となり,国際社会の平和と発展に貢献できる人材の育成につながるものと考えます。

このような趣旨のもとに,角田高校とドーバー高校は平成17年8月17日に姉妹校締結をしました。ドーバー高校は生徒数1,589名,教員数95名の男女共学校です。角田高校と同様に,文武両道に優れ,教員も生徒もとても明るく気さくな方ばかりです。日本語クラスも開講され,多くの生徒たちが熱心に日本語を学んでいます。

 

2 協定の内容

 議定書では,「日本国宮城県角田高等学校とアメリカ合衆国デラウェア州ドーバー高等学校は,両県州の相互理解と友好親善の推進に寄与し,今後両校の友好関係を深めるため,ここに姉妹高校の締結をすることに合意する。」と「この姉妹高校の締結により,両校は国際社会の平和と発展に貢献できる青少年の育成をめざし,相互に有益な交流活動を推進し,両校と両県州の発展及び教育力の向上のために協力していくものとする。」としており,生徒の相互派遣を含む具体的な交流活動を推進していくことと定めています。

 

3 交流の主な内容
  1. 原則として,生徒10名程度及び教員2名を毎年相互に派遣し,1週間程度滞在して,ホームスティ,学校訪問,表敬訪問,見学研修等を行います。
  2. 両校生徒による定期的な交流を,郵便,Eメールなどの媒体を利用して行います。

      

アメリカ短期研修について
  全体スケジュール概要

 

6月中旬 アメリカ短期研修募集説明会【保護者同伴】 *旅行業者同席
 ・研修概要説明
 ・研修費用の支払いについて
 ・ホームステイ受け入れについて
 ・研修者選考について
6月下旬 申し込み締め切り【保護者承諾書】
7月上旬 研修生選考【英語と日本語による面接】
7月下旬 研修生参加者決定(10名程度)
9月上旬 第1回オリエンテーション【保護者同伴】
 ・旅行の準備について
 ・海外旅行傷害保険の説明等
 ・パスポートの確認
 ・研修費用の支払いについて
 ・ホームステイ願書の配付説明及び業者申し込み用紙記入等
10月中旬 第2回オリエンテーション【生徒対象】
 ・研修地,研修校について
 ・班長,副班長の選出,班編制決定,係分担決定
11月上旬 第3回オリエンテーション【生徒対象】
 ・異文化オリエンテーション1
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備1
12月上旬 第4回オリエンテーション【生徒対象】
 ・異文化オリエンテーション2
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備2
≪翌年≫
1月中旬 第5回オリエンテーション【生徒対象】
 ・アメリカ文化と歴史、日常生活について
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備3
2月上旬 第6回オリエンテーション【生徒対象】
 ・現地生活全般諸注意,持ち物,その他
 ・交流会(Japan Day)などの準備
 ・研修校での授業の準備4
3月上旬 第7回オリエンテーション【保護者同伴】 *旅行業者同席
 ・最終確認:旅程、パスポート、持ち物、注意点等
3月中旬~下旬 ☆アメリカ短期研修実施(約2週間)☆
4月上旬 帰国後オリエンテーション1【生徒対象】
 ・研修を振り返って(スライド、感想発表)
 ・短期研修の成果を今後の語学学習に生かすために
 ・記録集の原稿について、礼状の書き方
 ・文化祭展示発表について
 ・アメリカ短期研修報告会(全校生徒に対して体育館にて)
7月下旬 帰国後オリエンテーション2
 ・文化祭発表準備について
 ・夏季休業中に文化祭での研修報告展示発表の準備
8月下旬~9月上旬 角高祭にて、研修報告展示発表

【英語集中講座】

「会話力が心配」という生徒のために、英会話部の協力をもらいながら、ALTと共に英会話の練習をする機会を設け、空港やレストランでの会話、日常生活に役立つ表現などについて学び、実践的な練習をします。
第1回(Self-introduction、Asking questions)
第2回(At the airport、With host family)
第3回(Reading Menu, Ordering food)
第4回(Let me show you how to…)
第5回(Farewell Party) 
など状況に合わせて開催する。

  

国際交流活動
  国際理解講演会 ~国際アドベンチャーへ出航~ (H28年度)

 

1 日  時 : 平成28年10月13日(木) 5・6・7校時

2 場  所 : 本校体育館

3 対象生徒 : 全学年生徒485名

4 内  容 :「冒険者募集中!~国際アドベンチャーへ出航~」

5 講  師 : 

 アンドリュー・ボーダーズ 氏  アメリカ・サウスカロライナ出身。
ノースカロライナ州立大学で日本語と電子工学を学ぶ。その後,関西(かんせい)学院大学に留学。
アメリカに帰国後も日本へ戻りたい気持ちが強く,昨年10月からは文部科学省の国費留学生として東北大学の大学院にて電気工学を学んでいる。
日本文化と日本の歴史 に詳しく,国際理解について若者に伝えることに情熱を燃やしている。

6 講演概要 : 

 今年度の講演会は,東北大学の大学院で電子工学を学んでいるアンドリュー・ボーダーズ氏を講師として迎え,「冒険者募集中!~国際アドベンチャーへ出航~」というテーマで講演会が行われました。自己紹介のあと,「国の違いを知ろうクイズ」として,お金のことからポケモンまで多岐にわたる日本と外国の相違点についての話がありました。その後,アメリカの高校についての説明があり,日本とアメリカの高校の違いにたいへん興味を持った生徒も多くいたようです。
講演終了後の質問タイムでも,かなり多くの質問が飛び交い,本校生の国際理解に対する興味の高さが感じられた講演会でした。


講演会の様子


「国の違いを知ろうクイズ」ではいろんな発見がありました。

 

■ 講演会後の生徒の感想 ■

生徒の感想より ~講演会から学んだこと~

【1年次】
・海外に行ってみるのも、世界を知る良いきっかけになる。
・勉強することが将来へつながるということ。
・もしもやりたいことがあるなら、諦めずに積極的にチャレンジするべき。
・目標を決めたら行動に移す。

【2学年】
・言語の勉強の仕方(好きなことを通して言語を覚える,自分の興味あることに関連づけるといい)
・言語を学ぶなら文化に携わる
・学ぶということはおもしろいということ
・興味さえあれば,自分で道を切り開ける

【3学年】
・本当にやりたいことがあるならば、進むための道はいろいろあるので諦めない
・自分をサポートしてくれる人がどこかにいる
・気持ちを伝えるときは通訳は必要ない。コミュニケーションが大事
・異文化を学んで交流を深める素晴らしさ
・粘り強く行動すれば何とかなる、諦めなければ道は開ける

 

  平成28年度 1年次・2学年国際理解活動特別授業

 

1 日  時 : 平成29年2月7日(火) 2学年…3・4校時   1年次…6・7校時
2 場  所 : 本校体育館
3 対象生徒 : 1年次生徒(153名)、2学年生徒(154名)1年次生徒
4 講  師 : 宮城復興支援センターより外国人留学生14名、職員2名

  

留学生の出身国一覧
アルジェリア:1名 ポーランド:1名 イギリス:1名 ロシア:1名
フランス:1名 カナダ:1名 中国:2名 ベトナム:3名 インド:3名

5 内  容 :

4クラスの生徒を12グループに分かれ(1グループ 13名程度),グループごとに外国人講師が1人ずつ配置される。各グループは20分間で1つのトピックについて話し合い,それをローテーションで4回繰り返す。外国人講師は1回ごとに入れ替わる。なお、会話は英語で行うことを原則とする。

6 トピック : 

1年次  ローテーション1・2回目・・・Culture & Hobby(文化と趣味)について
     ローテーション3・4回目・・・Future Dream & Job(将来の夢と仕事)について
2学年  ローテーション1・2回目・・・Traditional Culture(伝統文化)について
     ローテーション3・4回目・・・Future Course Selection(進路選択)について

7 活動から学んだこと・感想など(生徒アンケートより)

 ・実際に話してみると,言いたいことがあっても英語で伝えるのが難しく感じたが,いい体験になった。
 ・授業での英語を使えた。
 ・海外のことをもっと知るべきだと思った。
 ・少し話せなかった部分もあったので,今度機会があるならもっと喋ることができるようになりたい。
 ・将来の夢は,仕事に限らず,小さなことでも良いんだなと思った。
 ・英語で多くの人と交流できると改めて思った。
 ・今までは筆記とリスニングができていれば良いと思っていたが,会話力をつけなければならないと思った。
 ・国によって人気の職業が違う。
 ・日本のアニメやマンガなどが海外で知られていることがわかった。
 ・日本との文化の差があって,聞いていて楽しかった。
 ・みんなそれぞれ決まった夢を持って留学してきて一生懸命に日本で勉強していることがわかった。

 

  角田市姉妹都市 ・ グリーンフィールド市 中高生訪問団受入れ

 

 毎年6月に,角田市の姉妹都市であるアメリカのインディアナ州・グリーンフィールド市から中高生訪問団を受け入れ,授業や活動を通して交流を行っています。
 授業参観の時間では,本校生徒が校舎案内を行い,各学年の授業を参観します。時間があれば,英語の授業等にも参加していただき,自己紹介や質問に答えてもらうなどして,交流を図っています。
 また交流活動の時間では,各グループが駄菓子やマンガ,日本の年中行事・書道など多方面にわたって日本の文化について紹介したり,アメリカと日本の文化や生活の違いについて話し合ったりしています。グリーンフィールドの皆さんは,いつも興味深そうに生徒の説明を聞いており,日本の高校の制服や浴衣の試着,書道や福笑い等を楽しんでいます。
 この交流会はお互いに良い刺激になっており,両方の生徒にとって良い国際理解の場になっています。

 

■ グリーンフィールド 中高生との交流の様子 ■